やのまやブログ

着物、ミニマリスト。

ネットでの着物の買い方を教えます!必要なサイズは3つだけ【初心者向け】

こんにちは。やのまやです。

 
今回は普段に着物を着ている私が、ネットでの着物の買い方をお伝えしたいと思います。
 
着物初心者さんの中には、実店舗でお買い物するのが怖いなーと思っている方も多いかなと思いますので、ネットを利用することをオススメしています。
 
そんな私もよくネットを利用して着物を買っています。

ネットでの着物の買い方

  1. 自分のサイズを測る!
  2. 商品ページのサイズを確認する!
  3. ポチる!
以上!
 
基本的に洋服と変わんないです。
 
 
ネットで服を買うときに困るポイントいえば、やはり実際に手に取って試着ができないところであり、洋服の場合だと、トップス一つをとっても肩幅、袖丈、身幅、身丈の4つのサイズを抑えなければ、ジャストサイズを買うことは難しいですよね。
 
更にボトムだとウエスト、股上、股下、もも幅、裾幅が必要です。
 

では着物の場合はどうでしょうか。
 

着物を買うときに必要なサイズは3つだけ!

ウールの着物の画像です

ウールの着物
身長、ヒップ、裄丈の3つのサイズを抑えていれば着物を買うことができます。
 
めちゃめちゃ簡単ですね( ̄▽ ̄)

3つのサイズについて詳しく見ていきます。

身長
身長は身丈に関わるサイズです。
 

着物の身丈の画像です

身丈とは着物の肩山から裾線まで垂直に下ろした長さです。
 
まれに背中心から測ったりもするみたいですが、肩から測るのが一般的と認識して大丈夫です。
 
一般的に、身長=身丈と言われています。
例えば、私の身長は160cmなので、身丈160cmの着物を買うとジャストサイズといった感じになります。
 
かといって、身長ぴったりでなければいけないのかというと、そこまで厳密にならなくても良いかと思います。
 
ざっくりですが、身長±5cmくらいなら腰紐の位置で何とかなる許容範囲ですので、近いサイズを探すと良いかと思います。
 
ヒップ
前幅+後幅+おくみ幅=身幅です。

着物の前幅とおくみの画像です

ピンクの部分が前幅、ブルーの部分がおくみ

着物のの後幅の画像です

後幅


 
着物は1枚の布を体に巻きつけて着るので、体で一番大きな部分であるヒップのサイズが必要になります。
 
着物の内側に肌着や長襦袢を着込むので、ヒップのサイズに3cmくらいは余裕を持った方がいいと思います。
 
なので、
前幅+後幅×2+おくみ幅(15cm)=ヒップ+3cmでオッケーです。

(おくみ幅は特別なことがない限りは15cm固定です)
 
こちらも+3cmくらいなら許容範囲でしょう。
 
小さいのは全然だめだと思います。
洋服でしたら身幅をやらかしたとしても、「パツパツだぴえん」で済みますけれど、着物の身幅をやらかすと歩くたびに中身がアレする可能性がありますし、座ったときなどは布の被さりが足りなくて、これもまた危険です。
 
大きい分には何とかなります。
 
小さいのはダメ、ゼッタイ。
 
ですから、前幅と後幅の記載がない着物に関しては、買わない方が無難だと思いますよ。
 
 
裄丈

着物の裄丈の画像です

裄丈とは、気をつけから腕を45度だけ挙げた状態で、首のグリグリから水平に肩口を通り、手首のくるぶしまでの長さを指します。
洋服でいうと肩幅+袖丈ですね。
 
ご自身で測るのは難しいと思うので、誰かに測ってもらいたいところですね。
 

まとめ

以下の流れでネットで着物を買うことができます。 
  1. 自分の身長、ヒップ、裄丈を用意する
  2. 着物の各サイズを自分のサイズと照らし合わせる
  3. ポチる
 
楽天市場で買ってもいいですし、着物屋さんのネットショップで買ってもいいですし、メルカリで買ったっていいですし。
簡単ですね!
 
誰にも気を使わずに着物が買えるし、コロナウィルスによる外出自粛中でも着物が買える!
 
気軽に着物を始めてみませんか?
 
着物って楽しいですよ(о´∀`о)
 
 
それじゃまたね!
やのまやでした。